株主優待ログ

【3・9月】小田急電鉄(9007)の株主優待紹介。沿線にお住まいの方におすすめ

【3・9月】小田急電鉄(9007)の株主優待紹介。沿線にお住まいの方におすすめ
エミリ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は、ロマンスカーで有名な小田急電鉄(9007)の株主優待を紹介したいと思います。

企業情報 | 小田急電鉄って、どんな会社?

大手私鉄、小田急グループの中核企業。新宿拠点の小田急沿線を中心に鉄道(小田原線、多摩線、江ノ島線)、自動車運送、流通(デパート、スーパー)、不動産(オフィスビル、分譲住宅、商業地開発)・ホテルを営む。自動車運送業は「小田急バス」「神奈川中央交通」「小田急交通」、流通業は「小田急百貨店」・スーパーマーケット「Odakyu OX」、ホテル業はシティホテル・リゾートホテルを運営。新宿駅西口地区開発、海老名駅周辺開発、向ヶ丘遊園跡地開発を推進。

マネックス証券 銘柄スカウターより
この記事を読めば、わかること
  • 小田急電鉄の株主優待詳細と魅力
  • 株主優待のもらい方とおすすめの証券会社

小田急電鉄の優待。気になる中身

2024年5月下旬、小田急電鉄から優待品が到着。

小田急電鉄の株主優待

封筒を開けると…






小田急電鉄の株主優待

小田急線全線で使える乗車券と、

小田急電鉄の株主優待

小田急グループ150以上の店舗・施設で利用できる優待割引券が入っていました。

小田急電鉄の優待、どんな人におすすめ?

画像引用元:小田急電鉄公式サイトより

小田急沿線にお住まいの方

何が魅力かというと、

無料乗車券や施設優待で、日々の交通費や生活費を節約できるところ。

小田急の優待は500株以上保有しないともらえないので、購入ハードルが少し高めなのですが、

  • 大好きな新宿伊勢丹への交通費は無料
  • この「乗り物優待」のおかげでロマンスカーに乗ってもいいかなという気持ちになれる

ので大好きな優待の一つです。

小田急電鉄株主優待&配当|基本情報

優待の権利確定月3月・9月
優待回数2回/年
必要株数500株〜
株主優待内容小田急線全線で使える優待乗車券(きっぷ式/1枚1乗車)
小田急線全線で使える優待乗車証(定期券式)
小田急線全線・小田急バス全線で使える優待乗車証(定期券式)
小田急グループ関連施設の優待割引券ゴルフクラブ割引券/カレンダー(9月末株主対象)
500株〜4枚
1,500株〜 10枚
2,500株〜20枚
3,500株〜30枚
5,000株〜40枚
10,000株〜80枚
15,000株〜A〜Bより選択
A:110枚
B:30枚+1枚
30,000株〜A〜Cより選択
A:140枚
B:60枚+1枚
C:30枚+1枚
上記に加え、3年以上継続保有した場合
1,500株〜 3枚
5,000株〜 6枚
を追加贈呈
優待の到着月5月・11月
*詳しくは公式ホームページをご覧ください。

配当推移はこんな感じ↓。コロナショックで一時減少しましたが、増配傾向です。

画像引用元:小田急電鉄公式サイトより

この株主優待をもらうには?

優待を受け取るまでの大まかな流れ
  1. 証券会社で口座開設
  2. 口座にお金を入金
  3. 「権利付き最終日」までに株式を購入
  4. 株主優待を受け取る

小田急電鉄の2024年優待権利確定日は、次の通りです。

権利付き最終日2024年3月27日2024年9月26日
権利落ち日2024年3月28日2024年9月27日
権利確定日2024年3月29日2024年9月30日
エミリ
エミリ

「権利付き最終日」までに株を買って翌日(権利落ち日)まで持っていたら、優待をもらえるよ。

優待株の購入におすすめの証券会社

最後に、「これは良いな。使いやすいな」と思っている証券会社を紹介して終わりにしたいと思います。

優待株を購入したいと思ったその時に参考にしていただければ。

ランキング1位
SBI証券

総合力 No.1

高いレベルのサービスを総合的に提供し、トップクラスの人気を誇るネット証券会社。

2023年9月30日より国内株式売買手数料が無料になっています。

ランキング2位
楽天証券

楽天ポイントが貯まる!使える!

株の売買などの取引で楽天ポイントが貯まるのが大きな魅力のひとつ。楽天のサービスを利用している人や、楽天ポイントを有効活用している人におすすめです。

SBI証券同様、国内株式売買手数料が無料で業界最安レベル。

ABOUT ME
エミリ
エミリ
ブロガー / 投資家 / クリエイター
デイトレで1日5000円を目標に奮闘中のひよこトレーダー。 株式投資での気づきや、暮らしの中で良いと思ったことを女性の目線で紹介しています。 好きなこと ➪ 韓国エンタメ
記事URLをコピーしました